CPRA news

芸団協CPRAの活動や実演家の権利に関する話題についてお伝えする機関誌「CPRA news」をご覧いただけます。

CPRA news 最新号

Vol.96(2020年4月号)

巻頭メッセージ:
よみがえる死者たち~再生アンドロイドと権利問題の夜明け~
弁護士・ニューヨーク州弁護士/日本大学藝術学部 客員教授/神戸大学大学院 客員教授 福井健策


特集1:
テクノロジー×実演 ―映像技術―


ACTION:
著作権分科会における各小委員会の審議経過について
令和2年度(2020年度)実演家著作隣接権センター(芸団協CPRA)事業計画


INFORMATION:
文化芸術振興議員連盟が「五輪の年には文化芸術省」実現に向けて決議
文化芸術振興議員連盟が「五輪の年には文化芸術省」実現に向けて決議
規制改革推進会議「投資等ワーキング・グループ」のヒアリングに出席
自民党「知的財産戦略調査会」のヒアリングに出席


COLUMN/ESSAY:
才丸 芳隆(芸団協CPRA運営委員/一般社団法人映像実演権利者合同機構(PRE)事務局長)


*太字の記事は、ウェブサイト上でも公開しています。
 そのほかの記事は、「PDFダウンロード」よりご覧ください。

CPRA news ONLINE

テクノロジー×実演 ―映像技術―

レコードや放送の誕生により実演家の権利が創設されたように、実演家の権利と技術の進展は 切っても切り離せない関係にある。そこで、シリーズ「テクノロジー×実演」では、 最新技術の動向を追いつつ、実演家の権利について考えてみたい。
二回目となる今回は、この数年で急速に進化した映像技術の光と闇について取り上げる。

関連記事